スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋のガラパゴス「小笠原ツアー」Vol1

2013年8月9日~15日 6泊7日小笠原ツアー

日本にあって世界一遠い島 東洋のガラパゴスとも云われ世界遺産登録もされた小笠原

週に1便しか就航しない船旅の為、中々企画できない小笠原ツアーですが2009年以来の4年ぶりに行ってきました~

皆が長期で休みが取れるお盆に合わせて行きましたがやはり毎年ドキドキするのが台風ちゃんの存在!
初めて小笠原ツアーを行った時は、直撃ではなかったものの沖合に位置する台風の影響で2日しか潜れず、そして小笠原丸も大幅に遅れて東京に戻ったときは夜遅くと散々な目にあった事は遠い昔。

ここ最近の小笠原ツアーは天気にも恵まれ、イルカちゃんにもしっかり遭遇!と、大成功を収めていた小笠原

今年はどんな感じかドキドキでしたが恐らく天気・海況・生物と過去の小笠原ツアーの中で文句なし一番よかったでしょう。  (過去に参加してくれたみんなゴメンねゴメンね~)

そんな最高の小笠原ツアーに参加して頂いた、ヤンマー・ヨネム・100ダイブのカオリン長い船旅お疲れ様。
そしてホントに天気に恵まれラッキーやったな~

8月9日 10時に東京 竹芝桟橋を出航しベタ凪の海を南下 25時間後
8月10日 11時30分に小笠原 父島着 着後早速2ダイブ 
     夜は小笠原サマーフェスティバルで花火を見て踊る踊る 踊る小笠原
8月11日 イルカ目指してベタ凪の海を快走しケータで2ダイブ
     そして小笠原2日目の夜もサマーフェスティバルで踊る踊る踊る!!
8月12日 父島周辺のBigポイントドブ磯・タコ岩等3ダイブ
8月13日 またまたベタ凪の海を快走し、日帰りでは行けない秘境の地、聟島で2ダイブ
8月14日 一日150人までの入島制限のある南島へドルフィンダイブ
     合計9ダイブ イルカと戯れ、スノーケリングも満喫し、14時小笠原を後にして東京へ25時間の船旅
8月15日 午後3時30分 何もない手つかずの自然満載の小笠原から、高層ビルの立ち並ぶ東京竹芝!

あっという間の1週間♪ 楽しい時間はホントに早く過ぎて行きますね~

ではでは小笠原ツアーの模様を…


8月9日東京竹芝集合!!
ヨネムは埼玉の自宅から、僕とカオリンは前日から東京入り、ヤンマーは夜行バスでとみんなバラバラで集合場所へ
乗船手続きもスムーズに! しかし東京暑い暑い。この日も朝から気温30度オーバー
汗だくになりながらの出航です。
image_20130826202124a19.jpg


出航後は、まずは船内ランチです。
する事ないので早速ビールを頂いて眠くなったら寝る!お腹が空いたら食べるの繰り返し!
そんなこんなで25時間後、小笠原に到着です。
image1_2013082620212658d.jpg
今回の利用サービスは「パパス」さん。店長の星野さんにはホントに色々お世話になり感謝感謝の日々でした。
そしてお宿も前々から気になっていた「キャベツビーチ」さん。ブルーの外観は正にボニンブルー!
ペンションも小奇麗で気持ちよく使わせて頂きました。

荷物を部屋に置いたら早速ダイビングに出発です。
image2_20130826202131a54.jpg
小笠原丸の横目に出港ですが近くで見るとやっぱデカい!!


1本目「西島北」 2本目「黒岩」
2本とも透明度は25Mオーバーといい感じでしたが今年は例年以上に水温が低く23.5度と冷え冷えでした。
3ミリウェットで潜っていたので水中はかなり冷え冷えでしたが気温が高かったので結構いけましたね。
image3_20130826202132b1f.jpg

小笠原といえばやはりユウゼンでしょう。
名前の由来は着物の友禅柄から来ていますが何度見てもきれいな柄ですね~
ホワイトチップにコクハンアラ、黒一色のクマノミと色んな生物がひしめき合っていました。

image4_201308262021233da.jpg

小笠原1日目の夜は、サマーフェスティバルに♪

今夜は花火も上がります。
小笠原音頭にマッコウ音頭、動物音頭と小笠原の盆踊りは独特です。
image6_20130826202327d7f.jpg

ビールを飲んで踊って踊ってお腹が空いたら屋台で食べてとサマフェスをエンジョイします。
心残りがあるとすれば祭のハッピが間に合わなかった事!
次回小笠原行くときは必ず!!
image5_201308262023268c8.jpg


小笠原2日目 8月11日 今日も朝から猛暑です。そして海はベタ凪

そんな中、目指すはイルカ! ケータへ向けて出航です。
image7_20130826202329eae.jpg
イルカに会うためにダイビングを始めたカオリン
ダイビング歴12年で初めてイルカに会うことができるのか~?


着いたポイントは「嫁島ジャックポイント」 
image8_20130826202330022.jpg

透明度は最高で30Mオーバーでしょう
目の前をホワイトチップが通り過ぎ、大きなマダラエイの乱舞見て、光のシャワーを浴びているとき…

image9_20130826202324c66.jpg

一瞬の出来事でしたが僕らの方に向かって大きな体をした3頭のイルカが!!

image13_20130826203022146.jpg
ほんの数秒でしたが水中でイルカに遭遇

足元をグルグル回って過ぎ去って行きました。

休憩中は船の周りを焼く100頭ほどのハシナがイルカが




わずかな時間でしたがイルカに会えた皆はこれで一気にテンションアップ♪
2本目は「嫁島マグロ穴」
ここはなんと言ってもイソマグロでしょう。
約1M位の大きさのイソマグロが50匹くらい

しかし、潮の流れも半端じゃないです。
流されないよう岩につかまりイソマグロを見た後、出てきました! 奴です!!
image11_2013082620254362a.jpg
2M位はあるでしょうか? ケータ名物のシロワニちゃん!
見た目は怖いが案外、気性は穏やかです。
目の前をスーッと泳いでどこかへ立ち去って行きました。



イルカにイソマグロにシロワニと小笠原名物の大物に出会った僕らは、2日目の夜もやっぱり踊りました。
image12_2013082620253826d.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。